心理カウンセラー資格認定トレーニングの開始

 

心理カウンセラーには、平成30年度より国家資格化される「公認心理師」以外に、多くの民間資格が存在していました。「臨床心理士」や「臨床発達心理士」など学会を母体として出来上がったものから、様々な民間組織が独自に作り出した資格がたくさんあります。新聞やネットの広告で「あなたもすぐに心理カウンセラーになれます」と宣伝し、テキスト課題を進めるだけで資格を与えられるところは論外としても、多くの資格で学歴とペーパー試験のウェイトを占める割合が高く、結果として現場で「使えない」カウンセラーをも量産する事態を招いており、カウンセリングの成果はカウンセラーの腕次第ということになっています。

この度、当センターにおきまして、センターが認定する心理カウンセラー制度を開始することにし、学歴や筆記試験への偏重が生じない実践的トレーニングを重視した、「役立つ」カウンセラーを養成する事業に乗り出します。大学や大学院で心理学を学んでいない人たちの中にも、カウンセラーとしてのセンスを持ち、磨くことで開花する人たちも多いことでしょう。

また、カウンセラーや相談員として活躍することを目指さなくとも、仕事や日常生活の場面における「話を聴く」「理解する」といった対人スキルや姿勢は、人との関係を円滑にする効果が上がるものと期待されます。本トレーニングに参加していただける方には、一部の例外を除き、基本的には制約を設けません。心理カウンセリングを体験的に学びたい方、当センターの資格でこの分野の仕事に携わりたい方、あるいはすでに他の資格を持ち心理職として働いている方など、様々な方に開かれています。

登録(=入会)後は、不定期に開催するトレーニング・セッション(複数回のシリーズになることが多くなる見込みです)に、任意(予約制)に参加していただくことになります。トレーニング・セッションの開催日や内容は、ホームページで広告すると共に、登録(入会)者に対して個別連絡します。

トレーニングの内容は、長谷川センター長が行ってきたり、指導してきたカウンセリングの方法が主となります。オーソドックスな傾聴型カウンセリングだけでなく、他の様々なサイコセラピーの技法に加え、心理・発達検査の学習も含みます。指導は基本的にセンター長が行いますが、補佐的に他の相談員が加わることがあります。体験型トレーニングの性質上、各回、定員12名の少人数に制限して行います(4名以上参加で実施の予定)。開催場所は、こころぎふ臨床心理センター内とします。

継続的な幅広いトレーニングに参加された方のうち、習熟度に応じて、当センター認定の資格を発行します。資格は、初級・中級・上級・指導級となります。それぞれのスキル水準(臨床力において臨床心理士との対比で記載)は、下の表を目安にして行います。なお、トレーニングを重ねても、水準に達したと判定できない場合は、認定はされません。また、トレーニング開始後に不適切だと判断された場合に、休養や中止の措置をとる場合があります。

<将来的構想・未定事項>

将来的には、全国各地に当センターの支部を作る計画もあります。当センターの資格を取得した方が一定数、同じ地域に集まりましたら、その地で支部の運営とカウンセリングに従事していただくことを検討中です。その際、センター長が定期的に各支部を回り、現地視察とカウンセリングの実施を行うことになると思われます。
一定の登録者数に達しましたらトレーニングを開始しますので、ご関心のある方はお問い合わせの上、ご入会の手続きをおとりください。

 

グレード

  水 準(参考)

初級

臨床心理士を目指す大学院受験生レベル

中級

途上の臨床心理士レベル

上級

優れた臨床心理士レベル

指導級

臨床心理士に助言できるレベル

 

料金

入会金(登録料)

登録時のみ

11,000円

2時間コース(1日当たりの時間)

1回当たり

11,000円

4時間コース(1日当たりの時間)

1回当たり

17,000円

6時間コース(1日当たりの時間)

1回当たり

22,000円

シリーズ開催の場合

シリーズ全回申し込みの場合

上料金から減額あり

資格認定(認定書発行)

1資格当たり

11,000円

*予約は、お申込み後、料金お振込みによって成立します。一旦お支払いただいた料金は返金できませんのでご了承ください。

*時間コースは、開催する曜日等によって指定されます。

*過去に行われた傾聴トレーニング、コミュニケーション講座ですでに入会金を支払われている方は、入会金は免除となります。


※ 特殊な事情により参加をお断りする場合があります。その際、理由の開示はしないものとします。