第三回心理カウンセラー資格認定トレーニングの開催

 

盛況の下に第一回目のトレーニング「感情にフォーカスする傾聴」を終え、第二回のトレーニング「気づきを深める効果的な問いかけ」(7月14、15日)は予約で定員を満たしキャンセル待ちの状態です。「次の日程を早く告知してほしい」との要望が多く、本日、第三回のトレーニングについて周知、ご案内いたします。

すでにトレーニングコースに入会・登録されている方には、先行してメールで通知をしております。(先着順で予約を受け付けますので、関心があり、早めに日時等をお知りになりたい方は、登録手続きを済ませておかれることをお勧めします)

 

※ このトレーニングを受けられる前に、趣旨と手続き等を http://kokoro.gifu.jp/archives/2115 でご確認ください。「知識」ではなく「実践力」が重視されます。

 

第三回心理カウンセラー資格認定トレーニング 要項

 

内容 非言語的コミュニケーションの活用  6時間コース×1

日時 平成30年8月25日(土) 11時~18時 途中1時間の休憩あり

料金 22,000円

会場 (社)こころぎふ臨床心理センター内 Cルーム

定員 12名  (最小催行人数6名)

指導 センター長

予約締切 定員を満たし次第 それ以降の方はキャンセル待ちとなります。

※お申し込みで仮予約、受講料の納入をもって正式予約とします。

問い合わせ・申し込み メールまたは電話で

 

※ カウンセリングでは、クライエントとカウンセラーの間に様々なやりとりがなされます。そこには、言葉だけでなく、表情やしぐさ、動作といった非言語的要素も含まれます。クライエントの無意識との交流に与える影響も大きく、カウンセリングの到達目標へと促進する上で大切な「関係性」になります。クライエントからの意図しないメッセージが非言語的に発せられることは多く、それをキャッチし適切に受け返すという流れと、カウンセラーの側から届けるメッセージという流れ、これら両者に対して敏感でなくてはなりません。その訓練を通して参加者自身の「癖」(その背後にある力動)を理解できるでしょう。また、日常での様々な人たちの会話を、ジェスチャーなど非言語的コミュニケーションの側面から捉え直してみることも、対人理解上、有意義だと思われます。

 

-付記-

すでに実施したトレーニングにおいて、受講を希望されながらも定員に達したために参加いただけなかった方のために、同内容のトレーニングをリピート開催することを検討中です。登録者の人数が増え、1回の開催では重要なトレーニングの成果の確認ができず、資格認定の基準クリアを確認できないことが主な理由です。また既に参加された内容を、ご自身で再度のトレーニングを希望される方も参加できるように考えております(この場合には、料金は半額程度になる見込みです)。