田中茂樹先生からのメッセージ

 

センターと連携させていただいている、奈良県の田中茂樹先生が、2月27日付で新刊本を出版されました。田中先生は、医師であり、臨床心理士です。

 

子どもが幸せになることば



ダイヤモンド社

子どもの育つ力を信じる、とても共感のできる内容になっていますので、ご一読をお奨めします。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

田中先生からセンターにメッセージをお寄せくださいましたので、紹介させていただきます。

私は心理学や脳科学をずっと勉強してきました。医師として大学教員として、カウンセリングにも関わっていましたが、「自分が本当は苦しい」ということにずっと気がついていませんでした。書店でなにげなく手に取った長谷川先生の「魔法のしつけ」を電車の中で読んだときのことは忘れられません。「あなたは私の大切な子だ」と、子どもが悪いことをしたときにこそ、親は伝えたらいいのだ、と書かれていました。子どもの頃から私がずっと言ってもらいたかったのはこの言葉だと思いました。自分の子どもに対しても、その日を境に接し方が変わりました。私の人生はどんどんと楽になっていきました。

 私が救われたのと同じように、長谷川先生の本や講演、そしてカウンセリングやグループワークでたくさんの人が「人生を取り戻せた」ということを私は知っています。私のように、自分は苦しいのだと気がついてさえいない多くの人のためにも、長谷川先生のますますのご活躍を心から祈っております。

 

センター長への過分なお言葉が含まれているようで恐縮ですが、そのまま転載させていただきます。また、田中先生との2回目のイベントも構想中です。