投稿者「hasegawa」のアーカイブ

令和3年度賛助会員のお願い

 

令和2年度も残すところ1か月となりました。

当センター賛助会員規約に基づき、令和3年度の賛助会員を広く募集させていただきます。

また、今年度賛助会員の方におかれましては、引き続き会員を継続していただけますようお願いいたします(近日中にセンター長のメッセージ入り著書を送らせていただきます)。

 

新型コロナウィルスによる社会の広範囲に渡る活動自粛の動きは、移動と対面を伴うカウンセリング事業に対して大きな打撃をもたらすものになりました。岐阜県は2度の緊急事態宣言が出され、近隣から来られる方もかなり減っておりますが、従来は3~4割程度を占めていた関東・関西など他の地方のご利用者が、ほとんどなくなった状態が続いております。心理カウンセラートレーニングや各種講座・集会も、感染防止の観点から開催を自重してまいりました。

令和3年1、2月のご利用者は、前年同月に比べて50%以上減っております。前年の1、2月も前々年に比べて50%以上の減少でしたので、現在は2年前の2~3割の水準にまで低下しております。

この2年間、センター長の報酬は実質ゼロとし、職員の勤務時間も削減するなどの経費節減に努めてまいりましたが、家賃をはじめとした固定経費の負担が収入に追い付かず、赤字月が続き経営が危ういとても残念な状態に陥っております。

 

現在でも、心理支援を欠くことのできない方々との関りを継続しており、センターを維持していくために様々に画策しているところですが、国や自治体の給付などの公的支援ではまったく足りておりません。

センターの設立は2012年11月1日でした。今年の秋に満9年を迎える目前で、最も大きな試練の瞬間と対峙しております。

 

世界中の多くの方が、少なからず新型コロナウィルスの影響を受け、つらい生活をされていると察します。このような状況下で誠に恐縮ですが、皆さまの余裕の範囲内で、是非とも次年度の賛助会員としてご支援を賜りますよう、心よりお願いいたします。

 

なお、賛助会員につきましては、口数を含めてすべて任意でございます。

参考までに、ホームページに掲載された「賛助会員規約」のリンクを貼らせていただきます。

賛助会員

 

お問合せは、下記アドレスまでメールでお願いいたします。

info@kokoro.gifu.jp

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 


『「わが子」の気持ちがわからない』

「子どもの気持ちが分からない」という不安は、子どもの自己解決能力への信頼欠如がもたらすものです。

そしてそれは、親自身の自信のなさが子どもの上に映し出されたものでもあります。

つまり、信頼してもらえなかった子ども時代にルーツをもつのです。

『「わが子」の気持ちがわからない』より(P192)

長谷川 博一/著


令和3年春季休業について

 

3月~4月の、フリールーム「花の名」の春休みについてお知らせします。

☆ 3月29日(月)~4月2日(金)の一週間

土日を挟みますので、3月27日(土)~4月4日(日)が、花の名の閉室日です。

 

なお、カウンセリング部門(検査を含む)については、通常通り運営しております。

どうぞご利用ください。

 

以上

 

 


『親と子の気持ちを結ぶ 魔法のしつけ』

子どもが何をしたかということに関係なく、無条件に子供が大事にされるかどうかによって、「基本的に好き」という姿勢が伝わります。

子供の気持ちが理解され、受け止められ(受容され)、満たされる(甘えられる)体験が積み重ねられることで、子どもは「好きだ」という親からのメッセージを受け取っているのです。

『親と子の気持ちを結ぶ 魔法のしつけ』より(P216)

長谷川 博一/著


『親と子の気持ちを結ぶ 魔法のしつけ』

しつけが行き届くということは、子どもが親の基準で動くようになったということです。

どんなに親の期待に応えることができても、子どもの心の中での「深い満足=自分好き」には結びつきません。

『親と子の気持ちを結ぶ 魔法のしつけ』より(p210)

長谷川 博一/著


『助けて!私は子どもを虐待したくない』

「かすれた声」は、わが子をうまく愛せない親たちのなかにもあることに気づいた。

虐待者を見る社会の目に映るものは、虐待をしてしまう親たちの深い心とはひどくかけ離れている。

そのため、彼らの「助けてください」のサインは見落とされてしまう。

『助けて!私は子どもを虐待したくない』より(p12)

長谷川 博一/著


子育てに悩むみなさんへ

子育て下手で悩むお母さんの心には、悲しみ嘆き、激怒している幼い子どもが息を殺して生きています。

口を閉じて待っていても、だれも助けに来てはくれません。

自分からその存在に気づいて、自分でいたわりの言葉をかけてやらなくてはなりません。

『お母さんはしつけをしないで(文庫版)』より(p230)

長谷川 博一/著


リモートカウンセリングについて一部規定の変更

 

寒くなり、新型コロナウィルスの影響が深刻化しています。医療従事者の方々のご苦労に対して、心より敬意を表させていただきます。

 

当センターにおきましても、Skypeや電話を利用したカウンセリングの割合が増えてまいりました。つきましては、表題の通り、Skype等によるリモート・カウンセリングの規定を一部変更させていただきます。

原則として、対面でのカウンセリング(受理面接)を行ってから、Skype等のリモート・カウンセリングの利用が可能となります。
初回のカウンセリング(受理面接)から、Skype等のリモート・カウンセリングの利用が可能です。

リモート・カウンセリングの場合、料金のお支払いは原則として、カウンセリング開始前に銀行口座へのお振込みをお願いすることになります。完全予約制ですので、あらかじめメール等でお問合せください。

 

コロナが蔓延した状況で、人々は多くのストレスにさらされています。

・仕事の問題

・家庭内の問題

・対人関係の問題 など

精神的状態の悪化の兆しを感じられましたら、お早めに専門性の高い機関への相談をお勧めします。当センターも、その一助となれば幸いです。

 

センター長 長谷川博一

 

 

 


冬季休業のお知らせ

 

令和2年も12月になりました。冬季休業期間についてお知らせいたします。

 

・カウンセリング部門

12月30日(水)~1月4日(月)

 

・フリールーム部門

12月26日(土)~1月4日(月)

 

ご参照の上、ご利用いただければ幸いです。

 


新型コロナウィルス感染者増加に伴う措置について

 

冬が近づき、新型コロナウィルスの第三波に見舞われているとの報道が顕著にみられます。地域によっては、GoToイベントの見直しや、飲食店の営業時間短縮の動きも起きています。

当センターにおきましては、集団による実施など一部の事業を除外し、通常通りの業務を行っております。現在は、カウンセリングやフリールームのご利用の半数近くが、リモート(Skype)での実施になっております。

 

感染防止対策として、以下の点に留意しております。

・アルコールによる清掃

・換気

・マスク着用

・全スタッフが「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」を使用

 

ご利用の皆様におかれましても、感染予防にご配慮いただき、来室あるいはリモートでのご利用をお願いしたいと存じます。

 

なお、月例の「家族の会」は、今年度の開催は現状、見送りとなっておりますが、すでに年会費をお支払いいただいた方は、次年度の年会費を免除とさせていただきます。

ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。