ブログ

警報発令時のカウンセリングについて

従来、暴風警報発令時にはお休みとしておりましたが、カウンセリングについては柔軟に対応させていただくことに変更しております。安全に実施できる場合は、原則として予定通りに行います。また、都度、センターTwitterでご案内をいたします。フリールーム「花の名」については、従来通りの措置をとらせていただきます。

ホームページの「カウンセリング」最下欄、「天災時の対応について」をご覧ください。

カウンセリング


第十回心理カウンセラー養成トレーニングのご案内

本トレーニングを受けられる前に、趣旨等を http://kokoro.gifu.jp/archives/2115 でご確認ください。当センターでは、「知識」ではなく「実践力」を重視します。

 

第十回心理カウンセラー資格認定トレーニング 要項

内容 自分の傾聴・カウンセリングの特徴を知る

日時 令和元年11月17日(日) 11時~18時(6時間) 途中1時間の休憩あり

※ 応募状況によって、日程を変更することがあるかもしれません。

料金 単日6時間コース 22,000円

新規にトレーニング部門に参加される方は、別途入会金が必要となります。

会場 (社)こころぎふ臨床心理センター内 Cルーム

定員 12名  (最小催行人数6名)

担当 長谷川センター長

予約開始 すでにご予約いただけます。

予約締切 11月8日(金)。ただし定員を満たし次第、それ以降の方はキャンセル待ちとなります。

仮予約と本予約 お申し込みで仮予約とします。その後1週間以内に、お振込みください。お振込をもって本予約とします。

キャンセル 開催案内 http://kokoro.gifu.jp/archives/2115 に記載の通り、一旦お支払い(本予約)いただいた料金は返金できませんので、ご確認ください。(当センターの都合で実施しなかった場合は、全額返金いたします)

問い合わせ・申し込み メールまたは電話でお願いします。メールは info@kokoro.gifu まで。

趣旨・目標

これまでに実施した9回のトレーニングは、基本的には学ぶテーマとして主に態度や技法を設定し、講義を踏まえて体験的に実施してきました。多くの方にご参加いただき、自分の体験と他方の姿勢の観察を通して、独自の「習慣」「癖」、あるいは「好ましい特徴」「改善すべき特徴」が明らかになるといった気づきが生じたようです。

今回は、オーソドックスな傾聴型カウンセリングの体験を通して、フィードバックを受けながら、参加者自身の特徴を知り、今後に生かせることを目標とします。

既にカウンセラーとして活躍している方、カウンセラーを目指している方、家族や職場・友人関係において聴き上手になりたいという方、どなたでもご参加いただけます。また、新規の方も、自分の聴き方を理解する上でよい機会になるものと思われます。関心のある方からのお問い合わせをお待ちしています。

 


増税に伴う本センターの対応について

 

2019年10月1日から、消費税が10%に引き上げられます。

当センターでは従来、内税方式で利用料金のご案内をさせていただいておりました。前回(2014年4月1日から、8%)に引き上げられた際に値上げをさせていただき、ホームページ上で「将来10%になっても維持します」とお知らしておりました。

その公約通り、来月からの増税に伴う利用料金への上乗せは行わず、従来通りで実施させていただきますので、その旨、お知らせいたします。

財政運営上の難点を抱えておりますが、賛助会員の方のお力添えもあり、乗り越える情況にございます。今後ともご支援・ご利用いただければ幸甚です。

 

センター長 長谷川博一


第九回心理カウンセラー資格認定トレーニングの開催

本トレーニングを受けられる前に、趣旨等を http://kokoro.gifu.jp/archives/2115 でご確認ください。当センターでは、「知識」ではなく「実践力」を重視します。

 

第九回心理カウンセラー資格認定トレーニング 要項

内容 発達障がいとカウンセリング

日時 平成31年9月21日(土)・22日(日)

1日目 発達障がいの人たちを理解する 11時~18時(6時間) 途中1時間の休憩あり

2日目 タイプに応じた適切な応答を試みる 11時~18時(6時間) 途中1時間の休憩あり

※ 応募状況によって、日程を変更することがあるかもしれません。

料金 1,2日目の単日参加 22,000円 1,2日目の両日参加割引 40,000円

新規にトレーニング部門に参加される方は、別途入会金が必要となります。

会場 (社)こころぎふ臨床心理センター内 Cルーム

定員 12名  (最小催行人数6名)

担当 長谷川センター長

予約開始 すでにご予約いただけます。

予約締切 9月13日(金)。ただし定員を満たし次第、それ以降の方はキャンセル待ちとなります。

仮予約と本予約 お申し込みで仮予約とします。その後10日以内に、お振込みください。お振込をもって本予約とします。

キャンセル 開催案内 http://kokoro.gifu.jp/archives/2115 に記載の通り、一旦お支払い(本予約)いただいた料金は返金できませんので、ご確認ください。(当センターの都合で実施しなかった場合は、全額返金いたします)

問い合わせ・申し込み メールまたは電話でお願いします。

趣旨・目標

今回は、発達障がいを有する人、およびその傾向のある人との臨床について、実践的に学びます。まず、発達障がいのタイプによる違いや、スペクトラムの概念について知ることが必要です。他の症状との合併も多く、しばしば誤診も見られます。「傾向」のある人の中には、診断基準の一部には該当するが、すべてには当てはまらないといった、「特定不能」の人たちが多いことについて理解することも重要です。

発達障がいを有する人たちに対して、特に子どもには「療育」を行う傾向が見られますが、その行き過ぎによって、逆に自尊心を低めたりといった弊害が起きることも少なくありません。「個性」を尊重し、協力体制を作ることが必須です。

従来の傾聴・共感型のカウンセリングでは、「こだわり」などの苦しみを深めてしまうことがあること、うつ的な状態にある人の認知の修正を図ろうとするとさらにうつが悪化することがあること、などの問題も指摘されています。クライエントのタイプや状態に合わせて、適切な見立てを行い、適切な態度を維持して寄り添うことが必要です。

大人の場合、対人関係に困難さを感じたり、自分のことを過剰に反省的に考え込んでしまうことによって、不安定になる人もいます。最近では、たとえば発達障がいの夫の妻が、「わかってくれない」と嘆いてうつ的になったり、論理的・理屈中心の要請に疲れてしまったりして、夫婦関係の悪化をきたすことが増えているようです。

今回のトレーニングは、家族に発達障がいやその傾向を持つ人が、家族の中でどう関わったらいいかについても学べるように計画していますので、そのような方の参加も可能とします。関心のある方からのお問い合わせをお待ちしています。

 

 


夏季休業日について

 

今年度の夏休みは、以下の通りとさせていただきます。

 

夏季休業日 8月13日(火)~15日(木)

 

12日(月)は振替休日ですのでお休みとなります。

フリールーム「花の名」は、8月10日(土)~15日(木)が6連休です。16日(金)は開室します。

カウンセリングは、8月11日(日)~15日(木)が休業、16日(金)と17日(土)は通常通りとなります。

ご不明な点は、お問い合わせください。

 


チラシ最新版のご案内と会場のご説明

 

茂木健一郎さんをお招きし、7月21日(日)に開催する出版記念トークイベントのチラシについて、ご入用の方にお送りします。

必要部数と送り先を、お知らせください。その際に、120円切手一枚ご同封をお願いたします。

最終版 講演会チラシ 2019-7-21

イベント名を、本のタイトルと同じ『生きる―どんなにひどい世界でも』に変更しております。

 

切手等送り先

〒500-8836 岐阜市西玉宮町1-22-2 E-2

こころぎふ臨床心理センター

 

なお、お申込み済の方から、会場までの経路のご質問が多く寄せられていますので、ここに詳しく記させていただきます。

https://gikyobun.or.jp/heartful/access/

上記公式サイトに、お車の場合、JRご利用の場合など、詳細があります。当日、道に迷われた方は、岐阜市生涯学習センター 058-268-1050 までお問い合わせください。

JR岐阜駅改札口(東向きになっています)を出られて、そのまま直進し、エスカレーターで半分階下がると、ハートフルスクエアG、2階の入口に繋がっております。奥に、大研修室があり、目立つ場所に案内板を立てさせていただきます。改札口から2分程度で着きます。

反対方面(西側)はアクティブGとなっており、そちらではございませんのでお気をつけください。

なお、GとはGIFUの頭文字を意味します。

 


対談本出版記念イベント(7月21日)のスケジュール等

 

すでに、7月21日(日)に実施される「茂木健一郎 × 長谷川博一 対談本出版記念イベント」へのご案内を差し上げていますが、プログラム等、その詳細が決まりましたので、お知らせします。

 

テーマ 生きる―どんなにひどい世界でも

 

ゲスト 茂木健一郎さん

司会進行 長谷川博一センター長

 

開催日 令和元年7月21日(日)

時間 14時15分開場 15時開演

 

場所 ハートフルスクエアG 大研修室(岐阜駅構内:改札口東側)

(比較的小さい会場ですので、席によっては演者との距離がかなり近くなります)

定員 100名

(定員を超えるお申込みがあった場合は、キャンセル待ちとなります)

参加費 3,000円 (対談本プレゼント)

※ 賛助会員は 1,000円(プレゼント込み)

(書籍は、ご入場時に受付にてお渡しします)

 

予約方法

事前に、センターまでメールまたは電話でお申込みいただき、ご氏名、ご住所、お電話番号、ご年齢をお知らせください。その後、参加費をお振込ください。お振込の確認をもって正式予約となります。

・メール予約 http://kokoro.gifu.jp/contact

・電話予約 058-214-4088

欠席

正式予約された方で欠席となった場合も返金はいたしません。ただし、予約された際の住所にプレゼントの本を送付させていただきます。

 

プログラム

第一部

15時 センター長挨拶等(15分)

15時15分 講和 茂木健一郎さん(1時間)

16時15分 センター長からの質問・対談(30分)

(休憩 15分)

第二部 フロアーとの交流

17時 フロアーからの質問と応答(1時間)

18時 質問を踏まえた対談(45分)

18時45分 サイン会・撮影会(45分)

19時30分 終了

 

注 上記プログラムは現在の予定で、その後変更される場合があります。新たにゲストの方に加わっていただくことになった場合、プログラムの時間配分の調整や終了時間を遅らせる措置をとらせていただくことがあります。

多くの方のご予約、ご来場をお待ちしています。

 

 

 

 


特別イベント開催のご案内

 

7月中旬に、センター長と茂木健一郎さんとの対談本が出版されます。それを記念して、再び茂木健一郎さんをお招きし、トークなど様々な企画を構想中です。また、センター長は今年還暦を迎えることもあり、その要素も若干込められればと検討しているところです。

詳細は未確定ですが、現在のところ決まっている点についてお知らせしますので、当日のスケジュール調整ならびにお申込みをしていただければ幸いです。

 

日時 令和元年 7月21日(日) 14時~20時の範囲内

 

場所 ハートフルスクエアG(岐阜駅構内) 大研修室

 

ゲスト 脳科学者 茂木健一郎さん 他

 

内容 トーク、フロアとの質疑応答など

 

参加費 3000円 ☆対談本を当日配布しプレゼント致します!

(賛助会員は、1000円)

 

申込 事前にセンターまでご予約をお願します。

予約方法 メール(info@kokoro.gifu.jp)または電話(058-214-4088)

予約後、参加費の振込をもって正式予約とします。

振込先 十六銀行 本店 普通 2706715

シヤ)ココロギフリンシヨウシンリセンター

 

定員 100名 (100名を超えた場合、キャンセル待ちとなります)

 

特典 トーク終了後、希望者の方には対談本に2人のサインをします。

記念写真の撮影も可能です。

 

申込開始日 本日、令和元年5月7日より

 


「生きづらさを抱える人が集う会」への名称変更

 

これまで毎月第三土曜日に実施していた「発達障がいとアダルトチルドレンを支える会」の名称を「生きづらさを抱える人が集う会」と変更し、ご参加いただける方の幅を広げました。これまで旧名称の会に参加されていた方は、そのまま引き継がれます。

詳細は下記リンクをご参照ください。

http://kokoro.gifu.jp/%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

 


ゴールデンウィーク中の休業について

 

今年はGWが10連休となっております。当センターでは、すべてを休業日にせず、昨年までと同様に対処することといたします。以下をご覧いただきますようお願いいたします。

 

4月27日(土)  カウンセリング有 フリールーム無

4月28日(日)  カウンセリング無 フリールーム無

4月29日(月・祝) すべて無

4月30日(火)  カウンセリング有 フリールーム有

5月1日(水・祝)  すべて無

5月2日(木)    カウンセリング有 フリールーム有

5月3日(金・祝)  すべて無

5月4日(土・祝)  すべて無

5月5日(日・祝)  すべて無

5月6日(月・振祝)すべて無

 

なお、カウンセリングにつきましては、必要性が高い場合に休業日においても休日割増し料金(2割増)で実施することがあります。