ニュース

臨時宿泊ワークショップ参加者募集

 

岐阜から遠方にご在住の方のご要望により「臨時宿泊ワークショップ」の実施を検討してまいりました。その結果、以下の要項で参加者の募集をいたします。

正式なお申込み状況を踏まえ、最終的に実施の可否を決定いたします。なお、新型コロナウィルスの感染状況を踏まえ、中止等の措置をとらせていただく可能性があります。

 

日程:8月6日(木)~8日(土)

集合:8月6日(木)13時 濃飛バスセンターもしくはJR高山駅

解散:8月8日(土)16時頃 濃飛バスセンターもしくはJR高山駅

実施場所:高山市朝日村の民宿 たかひら(個室可能です)

費用:5万円(宿泊食費等込)

定員:4名~6名(今回は参加者の希望により女性限定)

内容:90分セッション8回(時間は延びることがあり)

実施者:長谷川センター長 補助でセンター女性職員が常駐します

目標:自己理解を進めると共に過去経験による縛りから解放され「自分のこころを大切」にすることを体験的に知る。

問合先:メールアドレス info@kokoro.gifu.jp

 

高速バスについて(参考)

東京方面から バスタ新宿7時5分発-濃飛バスセンター12時35分着(片道6500円)

大阪方面から 大阪駅前7時35分発-濃飛バスセンター12時52分着(片道5000円)

 

お問い合わせ、お申込み、お待ちしています。

 

 


臨時宿泊ワークショップについて

 

ただいま関東地方にお住いの複数の方から、急ぎで少人数による宿泊ワークショップの希望をうかがっています。以下の内容で実施することになった場合に参加をご希望される方がいらっしゃいましたら、センターまでメールでご連絡いただきますようお願いいたします。

 

実施時期 : 7月中で参加希望者のご都合により決定。

実施場所 : 岐阜県高山市内の民宿。

スケジュール : 2泊3日で90分セッションを8回。

集合場所 : JR高山駅。

費用 : 参加人数により決定(5万円程度が基準・宿泊食費代込)。

実施者 : センター長(女性職員が同席)。

内容 : 過去のトラウマ等の修復を目指す心理ワーク。

 

お問い合わせ、ご相談をメールにてお待ちしております。その際に「臨時宿泊ワークショップ」とご記載ください。

メールアドレス info@kokoro.gifu.jp

 

付記 現段階で実施することが決定している状況ではありません。

 

 


緊急事態宣言解除による今後の再開について

 

新型コロナウィルス感染防止のために、国及び岐阜県から出されていた休業要請に従い、当センターの全事業について、一か月程度の休業の措置を取らせていただきました。

本日、岐阜県からの休業要請が解除されましたので、以下の日付をもって事業を再開させていただきます。

 

開始日 令和2年5月18日(月)

 

なお、ご利用いただく上で、皆様方におかれましては感染予防のため、当分の間は手洗いとマスク着用にご協力いただきまうよう、お願いいたします。

・フリールーム「花の名」では、アルコール消毒と常時換気を行い、人との接近を控えるなどの措置をとらせていただきます。

・第三土曜日に開催する集会は、「家族の会」と名称を改め、6月20日(土)から再開します。メンタルフレンド研修会も、同日からの実施とします。

・公認心理師Gルート受験対策講座は、新試験日の決定や受講生のご都合を考慮し、後日、残りの6回分のスケジュールを案内させていただきます。

 

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

令和2年5月15日

センター長 長谷川博一

 


新型コロナウィルス関連:休業期間の延長について

 

令和2年5月6日まで、当センターは県の要請に応じ、全面休業の措置をとらせていただきました。 5月4日、国により非常事態宣言の5月末までの延長が発表され、特定地域に指定されている岐阜県、愛知県も休業要請の延長を決定しました。 それに従い、当センターの休業を延長いたします。

なお、国は5月14日と21日を目途に行われる専門家による評価の結果次第では、緊急事態の解除がありうるとしています。その結果及び岐阜県の要請変更に従って早期の事業再開もあり得ます。

その際はホームページ及びTwitterで通知いたします。ご理解ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。

なお、Skypeや電話を用いた遠隔カウンセリングにつきましては、相談の上、対応を検討させていただきます。また、その緊急性の高い場合も同様ですので、メールでお問合せください。

問い合わせメールアドレス info@kokoro.gifu.jp

令和2年5月6日 センター長 長谷川博一

 

 


緊急事態宣言を受けての休業について

 

昨日、国により、岐阜県も新型コロナウィルス緊急事態宣言の特定地域に指定されました。

それを受けて、岐阜県コロナ対策班との協議の結果、当センターも休業要請の対象となることが確認されました。以下の期間、当センターの全事業を休業とさせていただきます。

 

全面休業

令和2年4月18日(土)~5月6日(水・祝日)

 

なお、終了期間がその後の国や県の要請によって変更される場合には、あらためてホームページで告知させていただきます。

以上の通り、一刻も早い感染症終息のために、ご理解とご協力をお願いいたします。

令和2年4月17日

 


公認心理師Gルート受験対策講座について

 

昨日、愛知県並びに岐阜県にも、県による非常事態宣言が発効されました。

それを受けて、公共交通機関等を使って一定の人数が集まる、標題の受検対策講座については感染リスクが考えられるため、明日の第7回目から延期とさせていただきます。

国家試験実施日も延期されると予想しており、新日程を考慮して、再開日を後日決定・通知いたします。

 

※ 公認心理師国家資格の延期は、現時点で公式には発表されていません。

※ フリールームと個人カウンセリングについては、センター関係者から陽性反応者もしくは濃厚接触者が出ない限り、継続いたします。現在、遠隔カウンセリングの割引を実施しておりますので、個人カウンセリングご希望の方は、こちらもご検討ください。

 


緊急告知:フリールーム「花の名」の運用について

 

新型コロナウィルスの影響で、地域によって学校の休校の措置がとられています。

岐阜県は、この度の国の緊急事態宣言の対象とはなっていませんが、感染防止に一層の留意をしながらフリールーム「花の名」を継続させていただきます。

・常時、換気を行う

・手洗いやアルコール消毒の励行をする

・毎日、室内外のアルコール洗浄を行う

・スタッフを含めて10人以下に留める

このような対策を実施しております。

 

今回、異例の措置として、当センターフリールームに在籍していないお子さんについて、若干名の受け入れをご用意いたします。下記に該当する方でお困りの方は、ご相談ください。

 

1 お子さんの休校に伴い保護者の仕事などに支障をきたしている家庭

2 小学生以上で、トイレや食事の自立ができているお子さん

3 センターもしくは岐阜駅まで来ることが可能な方

4 学童等のご利用の機会が得られない方

5 当センター所定の利用料金のお支払いが可能な方

6 当フリールームの方針に賛同される方

7 受け入れ可能人数は、2~3名程度

 

当センターのフリールーム「花の名」には、常時2名以上のスタッフが常駐し、公認心理師有資格者も待機・監督しております。なお、基本的に勉学指導は行わず、「個性豊かに自由に楽しむ空間」の維持が、このルームの方針となっています。

開室は月曜日~金曜日、時間は通常午前10時~午後3時です。

正式登録の際に徴収する入会金を、上記事由による一時利用においては免除いたします。

 

お問い合わせはメールにてどうぞ。 → info@kokoro.gifu.jp

 


緊急事態宣言に伴う遠隔カウンセリングについて

 

国から、新型コロナウィルス蔓延に対して緊急事態宣言が出されることになりました。深刻度は地域によって違いがありますが、どの自治体であってもリスク状態にあることでは一致しております。

そこで、当センターでは、通常行っていた遠隔カウンセリングを積極的に活用することとし、同時に、各種制限によって生活に困る方も少なくない現状も鑑み、割引制度を導入することにします。

 

1 割引の対象 Skypeまたは電話による遠隔カウンセリング

2 割引率 2割引き(他の割引クーポンとの併用はできません)

3 対象期間 未定:ウィルス感染状態が終息するまで

4 対応カウンセラー センター長のみ

5 事前の予約と料金お支払いが必要

 

各種検査、特殊なカウンセリングでは遠隔で行えない場合もありますので、事前にご相談ください。

センターに来られる方につきましては通常通りお受けします。公共交通機関をご利用の際には、社会的距離を確保し、つり革等への接触を減らすと共に、センターでの手洗いもしくはアルコール洗浄をしていただくようご協力をお願いいたします。なおセンターでは、各室のドアノブやテーブル等のアルコール洗浄と、頻繁な換気を行っております。

悩みや困りごとを一人で抱え込まないよう、必要に応じてご利用いただければ幸いです。

お問い合わせ・ご予約は → info@kokoro.gifu.jp

 


新型コロナの影響と賛助会員のお願い

 

新型コロナウィルスの影響が産業活動にも悪影響を与えています。

当センターにおきましても第三土曜日の「集会」や各種集まりへの参加者や、遠方からカウンセリングに来られる方の減少に繋がり、運営上苦しい状況に置かれています。ゴールデンウィーク明けに予定していたセンター長による講演会も、見送ることにしました。

この危機を乗り切るために、再度、賛助会員への継続及び入会をお願いしたいと存じます。

詳細は、下のホームページ・リンク先をご覧ください。

賛助会員

お一人でも多くの方からのご理解とご支援をお待ちしております。