ニュース

新型コロナの影響と賛助会員のお願い

 

新型コロナウィルスの影響が産業活動にも悪影響を与えています。

当センターにおきましても第三土曜日の「集会」や各種集まりへの参加者や、遠方からカウンセリングに来られる方の減少に繋がり、運営上苦しい状況に置かれています。ゴールデンウィーク明けに予定していたセンター長による講演会も、見送ることにしました。

この危機を乗り切るために、再度、賛助会員への継続及び入会をお願いしたいと存じます。

詳細は、下のホームページ・リンク先をご覧ください。

賛助会員

お一人でも多くの方からのご理解とご支援をお待ちしております。

 

 


センター長からのメッセージ

今日は北風が冷たいですね。

北日本は猛吹雪のところもあるようですね。

私のいる岐阜は、時々みぞれ混じりに時雨る程度ですが、この暖冬に慣れた身体には堪えます。

みなさんは、身体を大切にするとともに、ご自身のこころも温かくしてあげてくださいね。

自分のこころは、他の誰かに大切にされても満たされるものでしょう。

しかし、結局は自分でそれをする感覚が身につかないと、とかく依存状態に陥りかねません。

キーワードの一つが「自己受容」ですね。

今後、自己受容の正しい意味について書いていくつもりです。

私からのメッセージに触れられた方の「自分を慈しむこころ」が、徐々に育ちますように・・・。

 

下記リンクで配信されているセンター長のメッセージより引用しています。

https://lin.ee/rqEttdm

 


次年度賛助会員のお願い

 

令和元年度も、残すところ一カ月となりました。

現在、次年度の賛助会員を募っております。今年度および昨年度の会員の方には、別途個別に「継続のおたずね」を送らせていただいておりますので、ご返信・お手続き等をお待ちします。

また、次年度より新規に賛助会員になっていただける方も募ります。下記リンクの「賛助会員規約」をご覧の上、ご支援賜りますよう心よりお願い申し上げます。

 

ホームページ → http://kokoro.gifu.jp/%e8%b3%9b%e5%8a%a9%e4%bc%9a%e5%93%a1

 


新型コロナウィルに対する対応について

 

昨日、政府より全国の公立学校に対する休校要請が出されるなど、集会自粛の動きが顕著になっております。

当センターつきましては、カウンセリングやフリールームをはじめ、他の集会等も少人数で実施していることから、一律の中止はいたしません。通常通り運営いたします。

ただし、当センターの関係者から感染の疑いがある人が出た場合には、この限りではありません。

センターにいらっしゃる方におかれましては、公共交通機関を利用される際にはマスクを着用し、センター到着後には設置のアルコール消毒液にて手の洗浄をしていただきますようお願いいたします。

感染拡大を予防するため、ご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。

 


第三回 公認心理師対策講座

日時:2月16日(日)14:00~

第三回公認心理師Gルート用心理学基礎講座(統計・研究法②)のキーワードは以下の通りです。

観察・実験・調査、評定法、再現可能性、質的研究・法則定立型・個性記述型、横断的研究・縦断的研究、実験計画法、ブラインド・メソッド、研究不正・改ざん・実験者効果・出版バイアス、再検査効果、尺度、項目と測定尺度、妥当性・信頼性・内的整合性、記述統計・頻度・比率、度数の検定・χ2検定、因果関係と相関関係、相関分析、因子・次元、因子分析・主成分分析、重回帰分析、臨床心理学的実証研究、事例研究、心理検査と臨床、心理学の歴史、臨床心理学の歴史。

二時間でこの中から解説します。


公認心理師Gルート用対策講座 新実施要項

 

令和2年6月21日に実施される公認心理師試験受験者のうち、主にGルートに該当する方への対策講座を、以下の通り変更します。受講を希望する方、Gルート以外の方、また公認心理師試験を受験しない方で関心ある方は、センターまでメールでお問い合わせください。

メール info@kokoro.gifu.jp

 

公認心理師第三回試験Gルート用対策講座 新実施要項

 

実施趣旨

Gルート受験者の中には、心理学のペースを学んでない人が多い。専門用語の記憶には務めるが、その背景やバックグラウンドがわからないため、単なる知識の獲得に留まり、覚えたことが腑に落ちたり、有機的に連合していなかったりすることが生じる。

そこで本講座は、暗記に走らず、心理学各領域の背景となる考え方や規則について習得し、各自で進める学習が体系的に根付き、第三回試験で合格することを目指す。

講師は、20年間に渡り、臨床心理士指定大学院と学部で心理学の講義を担当してきた経験がある(公認心理師第一回試験合格)。それを振り返りながら、新しい知見も交え、共に学んでいこうと考えている。

 

スケジュール

現在、参加希望を申し出ている4名に、日曜日の都合を尋ね、全員が参加できる以下の日にちとする。日曜日に指定したのは、Gルート受験者は仕事に就いていると予想されるためである。時間は、いずれも14時~16時の2時間を予定している(延長の可能性はある)。

 

第1回 2月2日

第2回 2月16日

第3回 2月23日※

(当センターのイベントで実施不可能となった場合、5月31日を代替日とする)

第4回 3月15日

第5回 3月29日

第6回 4月5日

第7回 4月12日

第8回 4月26日

第9回 5月3日

第10回 5月10日

第11回 5月17日

第12回 5月24日

 

主なテーマ

研究法・統計、神経・脳内ホルモン、発達・遺伝と環境、知覚・感覚、学習、記憶、欲求、対人関係、性格・人格、心理検査・知能検査、臨床心理学の基礎、精神分析・防衛機制、クライエント中心療法、認知行動療法、発達障害、虐待とトラウマ、ストレスと産業心理学、学校とスクールカウンセリング、司法・犯罪心理学 など

 

講師

こころぎふ臨床心理センター センター長 長谷川博一

 

費用

10回分50,000円(1回当たり5,000円)一括支払いで、12回参加できる。

いったん収めた費用は返還しない。

 

支払い期限

令和2年1月23日(木)

 

支払い方法

銀行振込 口座 十六銀行 本店 普通 2706715

名義 シヤ)ココロギフリンシヨウシンリセンター

 

その他

追加で参加希望があった場合は、認める場合がある。

希望に応じて、最終回に実戦形式で模擬試験を行うことがある。


第三回公認心理師試験Gルート専用心理学基礎講座

 

第三回公認心理師試験が令和2年6月21日(日)に実施されることが決まりました。

昨年度、Gルート(現任者)受験者の合格率が低い傾向が顕著になりましたが、その一因として、Gルートの人たちに大学の「心理学科」を卒業している人の割合が少なく、心理学の基礎を習得していないことが考えられます。移行措置によるGルートでの受験可能な試験は、残すところ3回となっています。

そこで今回、第三回試験を射程にして、心理学の基礎を幅広く知る機会を設け、本講座を実施することとしました。

センター長が講師を務めます。センター長は、長年(20年以上)大学と大学院で心理学関連の科目を担当しており、臨床心理士養成にも携わってきました。

☆メリット 試験対策問題の背景や基盤が理解できるようになり、暗記した専門用語が全体の流れの中で位置づけられ、腑に落ち、また長期的に生かせるようになるものと期待されます。心理学の底流を本講座で学び、表層を試験対策として別途学ぶという、パラレル学習の発想です。定期的にわかりやすい内容に触れることで、モチベーションの維持が図れる。

★注意点 具体的問題や専門用語は、各所から出されている参考書等によって、個人で記憶することが求められます。

 

第三回公認心理師試験Gルート専用心理学基礎講座 開催要項

 

日時 令和2年

①1月19日、②1月26日、③2月2日、④2月9日、⑤2月16日、⑥3月1日、⑦3月8日、⑧3月15日、⑨3月22日、⑩3月29日、⑪4月5日、⑫4月12日、⑬4月19日、⑭4月26日、⑮5月3日、⑯5月10日、⑰5月17日、⑱5月24日、⑲5月31日、⑳6月7日

いずれも日曜日 時間:13時30分~15時30分(2時間)

内容

(順不同)心理学の歴史、心理学研究法・統計、脳と神経、感覚・知覚、遺伝と環境、学習、記憶、動機づけ・欲求、社会的認知・対人関係、発達と発達段階、性格・人格、臨床心理学の基礎、精神分析・無意識と防衛機制、自我と自己、クライエント中心療法・エンカウンターグループ、認知・行動療法、システムズアプローチ・他の精神療法、心理検査・知能検査、家族理解と介入、発達障害・神経学的問題、情緒的問題・パーソナリティ障害、ストレスと産業心理学、学校とスクールカウンセリング、医療心理学、司法と犯罪心理学、虐待とトラウマ・福祉心理学、事例研究 など

※内容と実施日は、都度決定して参加者(申込者)に告知する

受講料

1回(2時間)当たり5000円 ただし15回パック、75000円に限定して販売する

※15回パックで、実施20回のうち都合のよいものすべてに出席が可能

※一度納入した料金の払い戻しはしない。ただしセンターの都合で実施しなかった場合は相応分の返還をする

定員

10名程度

場所

こころぎふ臨床心理センター(岐阜駅より徒歩6分) Cルーム

講師

こころぎふ臨床心理センターセンター長 長谷川博一

※やむを得ない事情により交代する回があるかもしれません(担当:有資格者)

申込

本日より開始 随時 メールにてお申込みください アドレス info@kokoro.gifu.jp

支払

振込 パック料金:75000円 1月16日(木)まで

口座 十六銀行 本店 普通 2706715 シヤ)ココロギフリンシヨウシンリセンター

 

 


年末年始の業務日について

 

令和元年末~令和2年当初にかけての業務日程についてご案内いたします。

 

◆センター(カウンセリング)のお休み 令和元年12月29日(日)~令和2年1月3日(金)

カウンセリングは、12月28日(土)まで、1月4日(土)から、実施します。

◆フリールーム「花の名」のお休み 令和元年12月27日(金)~令和2年1月5日(日)

フリールームは、12月26日(木)まで、1月6日(月)から、開室します。

 


令和2年冬季宿泊ワークショップについて

令和2年 冬季 宿泊ワークショップ募集要項

 

当センターでは、人々が「本物の自分と出会い」「しあわせを感じる」ことを目指して、宿泊形式のワークショップを実施しています。今回は、令和2年冬のワークショップの「大人の部」の募集を開始します。例年は「子どもの部」も同時に実施しておりましたが、諸般の都合によりそれは行いません。参加される方々にとって、人生上、貴重な時間になるものと期待しております。過去に参加された方から、「劇的な経験になった」との声を頂戴しています。

ご興味ある方々からのお問合せをお待ちしています。

 

主 催  一般社団法人 こころぎふ臨床心理センター

 

日 時  令和2年2月22日(土)、23日(日・祝)、24日(月・振替祝) 2泊3日

 

会場・宿泊先  民宿たかひら 岐阜県高山市朝日町西洞491 Tel (0577)56ー1110

 

対 象  おとな(原則として18歳以上)の方

※ ご夫婦・親子等ご家族での参加も可能です。

 

定 員  20人

※ 先着順のため、お早目に申込みください。

※ 最少催行人数10人に至らない場合、実施を見送ることがあります。

 

内 容

おとな:心理ワークショップ 90分✖8セッションの予定(担当:センター長)

 

ワークショップでは、非日常的な環境の中で、「本当の自分の感情に気づき表現する」体験が促進されることを目指し、センター長のファシリテーションのもとでさまざまな心の作業に取り組んでいただきます。

 

集 散 JR岐阜駅北口 じゅうろくプラザ前 観光バス専用停車場

(22日は8時50分集合、24日は18時解散予定)

 

参加費  1人 70,000円

(宿泊・食費、岐阜―現地間交通費、保険料、運営費、施設利用料など含む)

☆☆割引特典 ↓

・会員(フリールーム・支える会・カウンセラートレーニング等・入会金を要した部門の会員、賛助会員)は、5,000円減

・リピーター(過去の宿泊ワークショップに参加された方)は、5,000円減

会員でリピーターの方は10,000円の減額で、60,000円となります。

 

引率者 センター長、職員1名(女性)

 

応募方法 募集期間中に、所定の「申込書」にてお申込みください。

※ 募集期間: 令和元年11月28日(木)~令和2年2月7日(金)

申込書は、こころぎふ臨床心理センターまで、電話、ファックス、メール等でご請求ください。

 

参加費支払 令和2年2月7日(金)までに、以下の方法でお支払いください。

振込、または、窓口(現金のみ)

※※ キャンセルポリシー等 ※※

2月14日(金)以降のキャンセルの場合、企画の性質上、お支払いただいた参加費はお返しできません。2月13日(当日含む)以前のキャンセルの場合、全額お返しいたします。当センターの都合で実施ができなくなったときは、全額お返しいたします。