ニュース

第七回心理カウンセラー資格認定トレーニングの開催

すでにトレーニングコースに入会・登録されている方には、メールでも通知いたします。

本トレーニングを受けられる前に、趣旨等を http://kokoro.gifu.jp/archives/2115 でご確認ください。当センターでは、「知識」ではなく「実践力」を重視します。

 

第七回心理カウンセラー資格認定トレーニング 要項

 

内容 催眠の正しい理解とカウンセリングへの基礎的利用法  6時間コース×2

 

日時 平成31年3月2日(土)・3日(日)

1日目 催眠の誤解を解き、正しい臨床催眠を知る 11時~18時(6時間) 途中1時間の休憩あり

2日目 自己暗示と催眠のイメージへ療法への応用 11時~18時(6時間) 途中1時間の休憩あり

注)催眠のテクニックだけに興味ある方への対処として、一定の傾聴スキルの確認を含みます

 

料金 1,2日目の単日参加 22,000円 1,2日目の両日参加割引 40,000円

新規にトレーニング部門に参加される方は、別途入会金が必要となります。

 

会場 (社)こころぎふ臨床心理センター内 Cルーム

 

定員 12名  (最小催行人数6名)

 

担当 長谷川センター長

日本催眠医学心理学会会員(学会誌への論文掲載あり)・元日本臨床催眠学会常務理事

 

予約開始 すでにご予約いただけます。

 

予約締切 2月22日(金)。ただし定員を満たし次第、それ以降の方はキャンセル待ちとなります。

 

仮予約と本予約 お申し込みで仮予約とします。その後10日以内に、お振込みください。お振込をもって本予約とします。

 

キャンセル 開催案内 http://kokoro.gifu.jp/archives/2115 に記載の通り、一旦お支払い(本予約)いただいた料金は返金できませんので、ご確認ください。(当センターの都合で実施しなかった場合は、全額返金いたします)

 

問い合わせ・申し込み メールまたは電話でどうぞ。

 

趣旨・目標

先日の第六回トレーニングにおいて「イメージの活用」を学びました。実は、催眠といわれる心理状態では、イメージ活動が非常に豊かになることがわかっています。その特徴を利用して、過去のトラウマ等、固着した潜在思考を緩和し、症状の軽減等を目指すのが、臨床催眠法の一つの目標になります。

「催眠」と聞くと、一般には「催眠術」が連想され、人が催眠術師によって自由にあやつられてしまう場面が連想されるかもしれません。しかしこれはテレビ等で「ショー」を披露しているに過ぎず、学術的な催眠とは異なりますし、あのような現象を完璧に起こすことは不可能です。催眠であっても、カウンセラーとクライエントの協同作業であることを知る必要があります。

通常カウンセリングにおいても、クライエントが自ら変性意識状態に入ったり、解離を生じたりすることがあります。これらは催眠と密接に関連した事象で、特に催眠を扱わないカウンセラーであっても、それを知っておくことは有益です。

今回のトレーニングでは、学術的な正しい催眠について理解してから、まず古典的催眠について基本的なスキルの習得を行います。そして、催眠状態でのイメージを利用した治療へ向けて、その導入を訓練します。また、他人(クライエント)に対して行うのではなく自分の安定・成長に資する自己催眠の効果的な利用法について学び、「自立訓練法」についても知ります。最終的には、古典的催眠を超えて、いわゆる「エリクソン催眠」と言われる、カウンセラーとクライエントとの無意識レベルのコミュニケーションの治療的展開についても触れます。

とのレベルまでトレーニングが進められるかは、参加される方々の水準や、進捗状況に応じて流動的になる点をご理解ください。

 

<以下参考> 臨床心理士会ホームページに掲載された「催眠療法・イメージ療法」から抜粋 http://www.jsccp.jp/near/interview10.php

「催眠現象」は、いまだに誤解や偏見が多いのですが、不思議な怪しげなものではなく、誰にも起こりうる現象で、なかなか便利な利用価値の高いものです。

この「催眠現象」を心理援助で積極的に利用するのが「催眠療法」あるいは「臨床催眠法」です。実際に「催眠」を適切に利用すると、こころのもつれを解いたり、行動の型を修正することが可能であるといわれています。

また催眠中は、来談者が自分自身のこころの中の世界に没入することによって、想像(イメージ)力が活発になる傾向があります。この特徴を最大限に利用した心理療法が「イメージ療法」です。イメージによって、来談者自身でさえも気づいていないような、こころの働きを実にうまく表現することができ、さらに来談者にとっていきいきとした体験が得られやすいという特徴があります。

日々の生活において「外界の現実」に偏りがちになる時に、イメージのような「内界の現実」を取り入れることによって、「人のこころを癒す力」が発揮されるといわれています。

 


年始のご挨拶

 

昨年後半は、週刊誌で取り上げられたりSNSで炎上したりといった騒動が生じ、利用者の皆様には大変なご迷惑をおかけしました。申し訳なく思っております。

この間、多領域の専門家の方々と協議をし、襟を正すべき点は正し、自己研鑽を進めながら、かつ安全対策を講じつつ、センターの業務に当たることとしました。具体的には、以下の点に留意します。

 

第一 センター利用者との、親密な二重関係が生じないようにします。

第二 センター外でのカウンセリングは、訪問カウンセリングの規定に従います。

第三 臨床心理・法律の専門家との協議を継続して緊密に行います。

第四 センター利用者に関わる情報の守秘をさらに徹底します。

 

以上、お騒がせした類似事案の再発防止に尽力いたします。現在ご利用中の方、あるいは今後ご利用される方に、安心してお問合せいただける臨床心理センターの構築を目指します。ご理解ご支援を賜れば幸いです。

なお、公認心理師の資格申請は、現在継続中のアドバイス等に目途が立ち、ここに表明した事項が軌道に乗ると見込まれる、4月以降に行う見込みです。

 

センター長 長谷川博一


平成31年冬季宿泊ワークショップのご案内

 

平成31年 冬季 宿泊ワークショップ の参加受付中

 

当センターでは、人々が「本物の自分と出会い」「しあわせを感じる」ことを目指して、宿泊形式のワークショップを、夏(9月)と冬(2月)に実施しています。今回、平成31年冬のワークショップの募集を開始します。おとなの部に参加される方々にとっても、子どもたちにとっても、人生上で貴重な時間になるものと期待しております。

ご興味ある方々からのお問合せをお待ちしています。

 

主 催  一般社団法人 こころぎふ臨床心理センター

 

日 時  平成31年2月9日(土)、10日(日)、11日(月・休日) 2泊3日

 

会場・宿泊先  民宿たかひら 岐阜県高山市朝日町西洞491 Tel (0577)56-1110

 

対 象  おとな(原則として18歳以上)・子ども(小・中・高校生他、若者)

※ おとなのみ、子どものみの参加に加え、親子・ご家族での参加も可能です。

 

定 員  30人(大人と子どもの合計)

※ 先着順のため、お早目に申込みください。

※ 最少催行人数15人に至らない場合、実施を見送ることがあります。

 

内 容

おとな:心理ワークショップ 90分×8セッション予定(担当:センター長)

子ども:雪遊び(かまくら作り・雪合戦・そり遊びなど)、花火、シャボン玉、泥だんご、星空観測、創作・室内活動など(担当:メンタルフレンド3名以上)

※ 子どもと大人は基本的に別行動となります。

 

おとなのワークショップでは、非日常的な環境の中で、「本当の自分の感情に気づき表現する」体験が促進されることを目指し、センター長のファシリテーションのもとでさまざまな心の作業に取り組んでいただきます。

子どもたちには、雪に囲まれた大自然の中、安心して「のびのび・子どもらしく」過ごせるよう、複数のメンタルフレンドが寄り添います。

 

集 散 JR岐阜駅北口 じゅうろくプラザ前 観光バス専用停車場

(9日は8時50分集合、11日は18時解散予定)

 

参加費  おとな1人 65,000円  子ども1人 50,000円

(宿泊・食費、岐阜―宿泊先間交通費、保険料、運営費、施設利用料など含む)

☆☆割引特典 ↓

・会員(フリールーム・支える会・トレーニング等・入会金を要した部門の会員、賛助会員)は、5,000円減

・リピート(過去の宿泊ワークショップに参加された方)は、5,000円減

※ 会員でリピートの方は10,000円の減額で、大人55,000円、子ども40,000円となります。

 

引率者 センター長、メンタルフレンド3名以上

※ メンタルフレンドは、子どもの参加人数により増員する場合があります。

 

応募方法 募集期間中に、所定の「申込書」にてお申込みください。

※ 募集期間: 平成30年12月13日(木)~平成31年1月21日(月)

申込書は、こころぎふ臨床心理センターまで、電話、ファックス、メール等でご請求ください。

 

参加費支払 平成31年2月1日(金)までに、以下の方法でお支払いください。

振込、または、窓口(現金のみ)

※※ キャンセルポリシー ※※

2月1日を過ぎたキャンセルの場合、企画の性質上、お支払いただいた参加費はお返しできません。1月31日(当日含む)以前のキャンセルの場合、全額お返しいたします。

 


第六回心理カウンセラー資格認定トレーニングの変更開催

第六回のトレーニングについて、3日コースから2日コースへと一部訂正し、再度ご案内いたします。(変更は、最終日に都合がつかない方が複数おみえになった、というのが理由です)

すでにトレーニングコースに入会・登録されている方には、メールでも通知いたします。

本トレーニングを受けられる前に、趣旨等を http://kokoro.gifu.jp/archives/2115 でご確認ください。当センターでは、「知識」ではなく「実践力」を重視します。

 

第六回心理カウンセラー資格認定トレーニング(変更後) 要項

 

内容 イメージの活用とインナーチャイルドへのアプローチ  6時間コース×2

 

日時 平成31年1月12日(土)・13日(日)

1日目 カウンセリングでのイメージの活用 11時~18時(6時間) 途中1時間の休憩あり

2日目 インナーチャイルドとは、その扱い方 11時~18時(6時間) 途中1時間の休憩あり

 

料金 1,2日目の単日参加 22,000円 1,2日目の両日参加割引 40,000円

 

会場 (社)こころぎふ臨床心理センター内 Cルーム

 

定員 12名  (最小催行人数4名)

 

担当 長谷川センター長

 

予約開始 すでにご予約いただけます。

 

予約締切 12月28日(金)。ただし定員を満たし次第、それ以降の方はキャンセル待ちとなります。

 

仮予約と本予約 お申し込みで仮予約とします。その後1週間以内に、お振込みください。お振込をもって本予約とします。

 

キャンセル 開催案内 http://kokoro.gifu.jp/archives/2115 に記載の通り、一旦お支払い(本予約)いただいた料金は返金できませんので、ご確認ください。(当センターの都合で実施しなかった場合は、全額返金いたします)

 

問い合わせ・申し込み メールまたは電話でどうぞ。

 

趣旨・目標

カウンセリングにおいて、クライエントはしばしばイメージ体験を報告します。それは「比喩的な感じ」や「映像」であったり、「心の中の断片」であったりします。また、カウンセリングが心に響いている時には、カウンセリングの前後で意味深い「夢」を見ることがあります。イメージへの親和性の高いクライエントには、共に夢を味わったり、時に内的表象を絵画に表現したり、イメージで語り合うといった共同作業が、深層意識の肯定的変化に対して有効になることが確認され、「芸術療法」などの分野で用いられています。またイメージが、クライエント自身の心の一部分(感情と認識のまとまり)となって表れることもあり、それが幼い心性を帯びている場合に「インナーチャイルド」と呼ぶことがあります。「アダルトチルドレン」「機能不全家族」「毒親」という理念で、しばしば用いられる言葉で、自己嫌悪や罪悪感からの脱出など心の回復に資することも考えられます。今回は、それら広義のイメージをカウンセリングで取り扱う練習を行います。あくまで「導入」となる点を踏まえ、ご参加ください。


第六回心理カウンセラー資格認定トレーニングの開催

第六回のトレーニングについてご案内いたします。今回は、盛り沢山のメニューです。

すでにトレーニングコースに入会・登録されている方には、メールでも通知いたします。

本トレーニングを受けられる前に、趣旨等を http://kokoro.gifu.jp/archives/2115 でご確認ください。当センターでは、「知識」ではなく「実践力」を重視します。

 

第六回心理カウンセラー資格認定トレーニング 要項

 

内容 イメージの活用とインナーチャイルドへのアプローチ  6時間コース×2・2時間コース×1

 

日時 平成31年1月12日(土)・13日(日)・14日(月・祝)

1日目 カウンセリングでのイメージの活用 11時~18時(6時間) 途中1時間の休憩あり

2日目 インナーチャイルドとは、その扱い方 11時~18時(6時間) 途中1時間の休憩あり

3日目 クライエント自身のインナーチャイルドとの関わり方(3時間) 11時~14時

3日目のみの参加は不可(2時間コースですが、3時間実施します)

 

料金 1,2日目の単日参加 22,000円 1,2日目の両日参加割引 40,000円 全日参加割引 50000円

 

会場 (社)こころぎふ臨床心理センター内 Cルーム

 

定員 12名  (最小催行人数6名)

 

担当 長谷川センター長

 

予約開始 本トレーニングの会員の方は本日10月24日。新規の方は10月29日(月)より。

 

予約締切 11月末日。ただし定員を満たし次第、それ以降の方はキャンセル待ちとなります。

 

仮予約と本予約 お申し込みで仮予約とします。その後1週間以内に、お振込みください。お振込をもって本予約とします。

 

キャンセル 開催案内 http://kokoro.gifu.jp/archives/2115 に記載の通り、一旦お支払い(本予約)いただいた料金は返金できませんので、ご確認ください。(当センターの都合で実施しなかった場合は、全額返金いたします)

 

問い合わせ・申し込み メールまたは電話で

 

趣旨・目標

カウンセリングにおいて、クライエントはしばしばイメージ体験を報告します。それは「比喩的な感じ」や「映像」であったり、「心の中の断片」であったりします。また、カウンセリングが心に響いている時には、カウンセリングの前後で意味深い「夢」を見ることがあります。イメージへの親和性の高いクライエントには、共に夢を味わったり、時に内的表象を絵画に表現したり、イメージで語り合うといった共同作業が、深層意識の肯定的変化に対して有効になることが確認され、「芸術療法」などの分野で用いられています。またイメージが、クライエント自身の心の一部分(感情と認識のまとまり)となって表れることもあり、それが幼い心性を帯びている場合に「インナーチャイルド」と呼ぶことがあります。「アダルトチルドレン」「機能不全家族」「毒親」という理念で、しばしば用いられる言葉で、自己嫌悪や罪悪感からの脱出など心の回復に資することも考えられます。今回は、それら広義のイメージをカウンセリングで取り扱う練習を行います。あくまで「導入」となる点を踏まえ、ご参加ください。


センターの冬季休業について

 

センターの冬季休業についてお知らせします。

平成30年12月29日(土)~平成31年1月3日(木)の6日間は全面休業で、カウンセリングも事務もお休みとなります。

フリールーム「花の名」については、平成30年12月27日(木)~平成31年1月3日(木)の8日間がお休みとなります。

よろしくお願いいたします。


賛助会員の募集

 

当センターでは、設立の目的ならびに事業、活動内容にご賛同いただき、本会を財政的に支援していただく賛助会員の制度を設けております。ご加入下さいますよう、お願い申し上げます。

ご検討に際しましては、賛助会員規約 をご覧ください。

ご連絡いただきましたら、賛助会員入会申込書をお送りします。会員期間は、加入されてからその年の年度末3月31日までになります。

賛助会員の方には、通信の配布、イベント参加費の免除、グッズの割引など、各種特典があります。今後とも、ささやかながらも特典が充実するよう努めてまいります。


第五回心理カウンセラー資格認定トレーニングの開催(リピート)

 

心理カウンセラー資格認定トレーニング、第五回目のトレーニングの内容と開催日が決定しました。今回は、第一回に実施した「感情にフォーカスする傾聴」のリピート開催です。第二回目以降に参加された方から「基本的な訓練を受けたい」との希望が出され、また第一回に参加した方の中にも「もう一度受けたい」と言われる方がみられ、同一内容のリピートとなります。

※ このトレーニングを受けられる前に、趣旨と手続き等を http://kokoro.gifu.jp/archives/2115 でご確認ください。

 

 

内容 感情にフォーカスする傾聴  6時間コース×2

 

日時 平成30年11月23日(金・祝)、24日(土) 11時~18時 途中1時間の休憩あり

 

料金 単日参加の場合、22,000円  両日参加の場合、40,000円(4,000円割引)

☆二度目の参加の方は半額  単日参加の場合、11,000円   両日参加の場合20,000円

 

会場 (社)こころぎふ臨床心理センター内 Cルーム

 

定員 12名  (最小催行人数6名)

 

指導 センター長

 

予約開始 本トレーニングの会員の方は平成30年9月14日(金)より。新規の方は9月21日(金)より予約いただけます。9月15日(土)~18日(火)はセンターが閉鎖のためメールでお申し込みください。

 

予約締切 11月2日(金)。ただし定員を満たし次第、それ以降の方はキャンセル待ちとなります。

 

仮予約と本予約 お申し込みで仮予約とします。その後1週間以内に、お振込みください。お振込をもって本予約とします。

 

キャンセル 開催案内 http://kokoro.gifu.jp/archives/2115 に記載の通り、一旦お支払い(本予約)いただいた料金は返金できませんので、ご確認ください。

 

問い合わせ・申し込み メール、電話、または窓口にてお願いします。

 

※ 心理カウンセラーに必要なのは、クライエントが直面する問題の具体的事実の把握だけでなく、それに伴うクライエントの感情を理解することです。ここで、常識的な対応をしていては素人の会話と変わりません。クライエントが感情を表現し、カウンセラーがそれに寄り添おうとする過程を通して、両者間でラポールが形成されていきます。深いラポールは、クライエントが自ら回復していく力を発揮する上で欠かせない「第一歩」となります。そのために、カウンセラーはどのような態度や応答に心掛けるべきでしょうか。トレーニングですので、理論的な説明よりも体験的実習を重視します。今後の当センター資格認定のためにも避けて通れない重要なテーマを扱います。また、資格に関わらず、日常の対人関係を見直す上でも有益な内容です。


9月の臨時休業日について

宿泊ワークショップで9月15日(土)~17日(月・祝)の間、センター職員が外泊業務に当たるに伴い、18日(火)を代休とさせていただきます。

9月18日(火)は終日、フリールーム「花の名」、カウンセリング、電話受付等の事務部門も、すべてお休みとなります。

ご理解とご協力をお願いいたします。


台風21号接近に伴う9月4日の措置

非常に強い台風21号が接近し、東海地方には9月4日(火)昼頃から暴風に見舞われるとの予報が出されています。

既に愛知県等の公立学校の休校も発表されており、当センターのフリールーム「花の名」も、移動時の安全確保のために、9月4日は「休室」といたします。

 

※ カウンセリングにつきましては、予定通り実施します。なお、列車の運休で来られなくなった場合、キャンセル料は発生いたしません。