第八回心理カウンセラー資格認定トレーニングの開催

すでにトレーニングコースに入会・登録されている方には、メールでも通知いたします。

本トレーニングを受けられる前に、趣旨等を http://kokoro.gifu.jp/archives/2115 でご確認ください。当センターでは、「知識」ではなく「実践力」を重視します。

 

第八回心理カウンセラー資格認定トレーニング 要項

 

内容 初回面接の実践力をつける

 

日時 平成31年5月11日(土)・12日(日)

1日目 初回面接と継続面接の違いを知る 11時~18時(6時間) 途中1時間の休憩あり

2日目 初回面接を実践的に訓練する 11時~18時(6時間) 途中1時間の休憩あり

 

料金 1,2日目の単日参加 22,000円 1,2日目の両日参加割引 40,000円

新規にトレーニング部門に参加される方は、別途入会金が必要となります。

 

会場 (社)こころぎふ臨床心理センター内 Cルーム

 

定員 12名  (最小催行人数6名)

 

担当 長谷川センター長

 

予約開始 すでにご予約いただけます。

 

予約締切 4月30日(火)。ただし定員を満たし次第、それ以降の方はキャンセル待ちとなります。

 

仮予約と本予約 お申し込みで仮予約とします。その後10日以内に、お振込みください。お振込をもって本予約とします。

 

キャンセル 開催案内 http://kokoro.gifu.jp/archives/2115 に記載の通り、一旦お支払い(本予約)いただいた料金は返金できませんので、ご確認ください。(当センターの都合で実施しなかった場合は、全額返金いたします)

 

問い合わせ・申し込み メールまたは電話でお願いします。

 

趣旨・目標

今回は、基本的な傾聴及びラポール形成の再トレーニングにもなります。これまで、断片的な場面のトレーニングを重ねてきましたが、実際の心理面接では1時間程度はクライエントさんと真剣に向き合わねばなりません。長めのセッションに記録法、さらには見立ての分析も加えて、トレーニングを行います。

1回目のカウンセリングのことを「インテーク」あるいは「受理面接」と言うことがあります。新しいクライエントに関わる情報を収集し、困難の原因を考察し今後の方針を立てるために行うカウンセリングことを指します。相談機関によっては、担当カウンセラーとインテ―カーを分けているところもあります。「初回面接」と表現する場合には、その後も継続してカウンセリングを担うため、ラポールを形成し、安心して本音を吐き出せるような関係を作る「出会い方」を重視する傾向にあります。初回カウンセリングでその後のカウンセリングの行方が決まると言われる程、重要な瞬間です。同時に、クライエントの問題を分析し、今後の処遇方針を立てるというインテ―カーの仕事も必要で、様々な情報を収集する作業が不可欠になります。

今回は、クライエントとの信頼関係を形成しつつ傾聴し、必要な情報を得るといった、ともすれば両立しがたい初回面接の二本柱を実践訓練します。初めて参加される方、既にカウンセラーの仕事をされている方のどちらにとっても有益だと思われます。また、これまでのトレーニング実績と今回の経験を考慮して、資格認定がなされる方が輩出される可能性があります。