ピックアップ

令和6年のご挨拶

 

昨年は多方面に渡り、多くの方々に大変お世話になりました。

 

世の中では次々と人への侵襲的な出来事が勃発し、ストレス源が減らず、こころのケアの必要性が叫ばれております。このような時世の中で、当センターとしましても微力ながら、こころの安寧に資するような心理支援が遂行できますよう、精進・尽力に努めてまいります。過年度同様、広い領域からお声がけくださると幸いです。

当センターでは、1.充実した検査(知能・発達、心理)、2.専門性高いカウンセリング、3.リモートカウンセリング、4.メールや訪問等による柔軟な心理支援の導入、5.教育や福祉、医療機関、司法との連携、などを特徴としております。

 

ご相談のお問い合わせは、メール

info@kokoro.gifu.jp

でお待ちしております。

 

なお、新年早々、ご予約が大変混みあっております。特に土曜日のご希望が多く、少しお待ちいただく状況となっております。ご予約は早めにしていただけると助かります。

 

こころぎふ臨床心理センター センター長 長谷川博一


年末年始の休業について

年末年始の休業期間を、以下の通りとさせていただきます。

令和5年12月29日(金)~令和6年1月4日(木)

混み合う可能性がございますので、お早めのご予約をお願いいたします。

この期間もお問い合わせは受け付けていますので、下記URLよりお送りください。

https://kokoro.gifu.jp/contact


東ちづるさんインタビュー記事

文春オンラインの東ちづるさんインタビュー記事にて、当時のカウンセリングをご紹介くださいました。ありがとうございます。

記事は3部構成で、下記URLよりご覧いただけます。

記事には東ちづるさんやご家族のお写真が沢山掲載されていて、インタビュー形式なのでお二人の対話を見聞きしているかのように読み進められるのではないでしょうか。

また、執筆された吉川ばんびさんご自身の過去経験を踏まえた迫真のインタビューは読み応えがあります。

生きづらさを感じていたり、家族などの人間関係で悩んでいたりする方など、是非お読みいただければ幸いです。


①高校3年で大学受験失敗、母から「18年の期待を裏切ったわね」と…東ちづる(63)が“優等生だった高校時代”の記憶を失うまで https://bunshun.jp/articles/-/65689

②「1人になった途端に涙が出てきて…」高校3年間の記憶喪失、母との確執…東ちづる(63)が語る、親子でカウンセリングを受けた理由 https://bunshun.jp/articles/-/65690

③「先生、催眠術を受けるんですか?」東ちづる(63)が明かす、“母娘の確執”を乗り越えるために親子で挑んだカウンセリングの中身 https://bunshun.jp/articles/-/65691


東ちづるさんとセンター長の長谷川とのカウンセリングの詳細は、下記書籍にてお読みいただけます。

“私”はなぜカウンセリングを受けたのか―「いい人、やめた!」母と娘の挑戦 

https://amzn.asia/d/0GMZ9bo

ご興味を持ってくださった方には、こちらもご一読くだされば幸いです。


悩みを抱える子どもたちに大人ができること

子どもたちや周りの大人に向けてお伝えしたいことを、センター長の長谷川がインタビューで話させていただきました。
大切なことを詰め込んだメモをこちらでも共有させていただきます。
子どもたちのSOSに、少しでも早く気づき、対応するために何ができるでしょうか?
もちろん大人のSOSも大事です。
異変に気づいたら抱え込まず、相談されてくださいね。
相談することはとても勇気のいることですが、一歩踏み出せますように。
以下、メモの引用です。ご一読いただけますと幸いです。

Q  悩みを抱える子どもたちはどんな不安を覚えているのでしょうか?

A 休み前の学校での辛い体験の記憶が自動的に喚起される・再体験への恐怖心が高まる
 慢性的な空虚感、自分の存在意義へ疑問と見えない未来への不安
 → こちらは家庭環境が源泉であることも
 ぐるぐると考えてしまう思考優位な特性(生まれつきの脳機能)を持つ子どもは特に苦しい
 → 視野狭窄状態(客観的・合理的に考えられない)に陥るリスク

Q 夏休み明け親など周りの大人が気をつけるべきことはありますか?

A 自殺多発の特異日でもあり、子どものライフスパンにおけるターニングポイントになりやすい
 ・「適度」な心理的距離を保ち子どもに眼差しを向けること
 というのも、「適度」が保たれていない家庭が増えている
 過剰に侵入的な介入と、その対極である無関心・疎遠は避ける
 ・子どものサインは暗喩的で、親に何かを指し示す大切なものであると捉えること
 そのためには、対世間的な評価・価値観を弱めることが大切になる
 家族関係(夫婦等)に問題があれば、それを軽くする試みは必須

Q 不安を抱えている子どもたちが出す、注意すべきサインはありますか?(どんな特徴を読み取り、大人は子どもの不調を判断すべきか)

A 大別して身体不調とネガティブ思考が行動化したもの
 ・前者はすぐに把握可能
 ―腹痛・頭痛等身体の痛み、頻尿や過敏性腸炎、不眠・過眠、食欲の亢進や減退、発汗・動悸・息切れ、顔面蒼白
 ・後者は見逃されることもある
 ―溜息が増える、口数が減る、反復行動が増える、自傷的行動、イライラして言葉がきつくなる、フリーズして動かないとか喋れないという状態になると視野狭窄が深刻なサイン(パニック)
 ・さらに何も出さないというサインも重大
 ―何事もないように普通に過ごしているが、実際はサインも出せない程コントロールされている
 この場合、のちにそのツケが回ってくることもある
 ※もちろんすべての子どもがそうだという訳ではない

Q 年齢によってその特徴に違いはありますか(小学校~高校、大学)?

A 小学中学年頃までは身体不調として表れやすい 小学高学年~中学生では負の思考に囚われやすい
 上記差異は子どもの認知発達に依存している
 身体的不調の場合は病院へ連れて行くなどして親も心配になり対応しようとする
 思考で苦しんでいる場合は「気持ちの問題」「甘えないように」と、つい「頑張ればなんとかなる」という趣旨の言葉がけに走りがち

Q 子どもの異変を感じ取ったとき、親がすべき対応は?(望ましい行動は、絶対にやってはいけないことは)

A 何かに気づいたら放置はしない
  第一に、気にかけていることを示す受容的な言葉がけを行う
 「しんどそうだけど……」
 「無理しないでね……」
 「どんなことでも聴くよ」など
※過去に否定的なしつけが多かった場合は、これらの言葉に子どもは疑念を抱きやすい
  → 親が専門家に相談する
(明らかに身体的な不調でなければ医療機関ではないほうがよい・早期投薬で終わってしまう懸念)
 「大丈夫?」との問いかけは不毛に終わることが多い。「大丈夫だ」との返事を誘導しやすい

Q 子どもたち本人に先生が伝えたいことはありますか?

A 「自信がなかったり自己嫌悪に陥ったりしている君は、まずそれが自分自身でなろうとしてなったものではないという事実を知ってほしい」
 「世の中には子どもの想いを踏みにじる大人が多いかもしれないけれど、そうではない人も必ずいる。見つけ、出会えることを願っている」
 「君には、らくになり、楽しみを感じながら生きる権利がある。それは義務より先にあるものだ。それを知らない君に、是非知ってほしい」
 「今がどんなに苦しくても、命が繋がってさえいれば、未来が変わっている可能性が残るんだよ」

Q 親など周りの大人が子どもたちに伝えてほしいことはありますか?(日常的にも、夏休み明けのこの時期特有のこともありましたら)

A 伝える前に、まず自分たちの子ども時代の苦しみを思い起こしてみてほしい。
 そうでないと、子どもの目線に立って物事を見たり、判断したりすることができない。
 その上で「〇〇くんがいてくれることが嬉しい」「どんな〇〇でも大切な存在だ」と、無条件に肯定する心からのメッセージを届ける
 子どもが何か示してくれたら、「わかったよ」「教えてくれてありがとう」と言い、伝わっていることを知らせる

Q 昔と比べ、現在の子どもたちを取り巻く環境に先生は変化を感じていますか?

A 少子時代の影響はかなり大きく子ども一人当たりの大人の数が昭和初期の3倍近くになった。
 → 親世代も自分の子ども時代のしつけの後遺症を負っている(連鎖現象)
 それに加え、家庭教育、学校教育、地域教育に力が注がれるようになった。
 子どもは否応なく、大人たちに監視され、少々の問題でも正される状況に置かれている。
 子どもの世界(子どもが人の目を気にしないで自由に伸び伸びと過ごす時間と空間)が激減
 「多様性」を謳いながら、子育てにおいては「普通」や「将来のため」とレールが敷かれている矛盾
 近年は先天的な「特性」への研究が盛んであり、その観点から子どもはみんな違うこと、対応も変わってくることを理解すべき

以上です。
ここまで読んでくださってありがとうございました。
ひとりでも多くの方のお役に立てることを願っています。

【速報】心理カウンセリングトレーニング開催のご案内

知識習得でなく実践方式の内容で、公認心理師Gルート合格者に最適です。心理の仕事に就かれない一般の方にもご参加いただけます。

 

日時 2023年9月17日(日)・18日(月・祝)

   11時~18時(休憩1時間)各日6時間・計12時間

テーマ 「カウンセリングスキルアップトレーニング」

場所 こころぎふ臨床心理センター内 Cルーム

費用 単日参加・22,000円 両日参加・40,000円

講師 センター長(長谷川博一)

定員 6名程度

申込・問合せ メール info@kokoro.gifu.jp

お問い合わせをお待ちしています。

受講される方の資格などは問いませんので、スキルアップや相談を受ける立場になったけれど何から始めていいか困っている方も歓迎です。

少人数制で2日間(単日参加可)、対面式の実践トレーニングです。 実践とフィードバックを繰り返し、内容は参加される方のスキルレベルに応じて変化する予定です。

★初めてトレーニングコースに参加される方は、登録料(研修部門入会金)11,000円が必要です。

なお、ホームページの「各種研修」欄 https://kokoro.gifu.jp/%e5%90%84%e7%a8%ae%e8%ac%9b%e5%ba%a7に詳細の説明がございますので、そちらもご参照ください。


夏季休業について

今年の夏季休業(お盆休み)を、下記の通りとします。

8月11日(金)~15日(火)

上記5日間をお休みとしますが、緊急の場合など、ご相談によっては業務を行う場合があります。

ご理解の程、よろしくお願いいたします。


MSPA(エムスパ)の導入について

 

MSPA(エムスパ)は、「発達障害の要支援度評価尺度」を略したものです。近年、発達特性の当事者・家族、支援者の間でしばしば話題に上るようになっていました。

しかし、MSPAが可能な専門機関は全国的にみても多くありません。これは、MSPAの施行者になるために所定の条件が必要であり、評定用紙を入手することもできないことに関係しています。

発達障害に関わる特性を基礎にもち、苦労されている方が当センターにもたくさん来られます。ようやくこの評価尺度の実施準備が整いましたので、ホームページ上で告知いたします。

 

MSPAは診断目的でなく、面接を通して評定し、最終的に発達特性を14の因子でグラフィカルに把握し(レーダーチャートで示し)、自己理解を深め、家族や支援者の支援につなげることを目指します。つまり、診断という医療行為を飛ばしつつも、すぐに個性を分かりやすく捉え、迅速な支援につなげることができる点に大きな利点が認められるものです。発達外来を有する専門医療機関の初診予約には何カ月も要する現状で、「早期支援の開始」は益々大切になると考えております。

MSPAの結果(レーダチャート)は、ご本人や家族、支援機関にのみお渡しすることができます。どの専門機関の誰が実施し、どの支援機関に渡したのかを明記することになっており、情報の管理も徹底されます。教育・福祉・医療・産業・司法など、支援を担う様々な領域に提供することによって、当事者が正しく理解され、適切な支援が行なわれることを期待しています。

 

当センターでのMSPA実施要項

・対象年齢は、就学前~成人

・当センターでカウンセリングによるフォローアップが可能な方が望ましい(可能であれば、実施前の受理面接が行えるとよい)。

・評価面接には、ご本人を基本とし、子どもさんの場合には保護者や、必要に応じて担任教師など関係者にも行う場合があります。

・実施時間は、1時間前後

・費用は、1万円

・結果は、レーダーチャートをお渡しします。

・WISCやWAISを実施されていない方は、それらを先行して済ませることをお勧めします(必須ではありません)。当センターでは、WISC、WAISは1万5000円で実施しております。

・法人や各種機関からの紹介・依頼も可能です。評価対象となる本人の同意は必須です。

 

なお、MSPAも他のカウンセリングやアセスメント同様に完全予約制です。MSPAは多数の申込が予想されますので、少しの待ち時間をお願いする可能性があります。

MSPAのお申し込みやお問い合わせは、メール info@kokoro.gifu.jp にお寄せください。

 

注)MSPAに関わる資料の複写やアップロードは禁じられており、本HPでもそれは控えております。しかし、ネット検索で皆さまのお近くで受けられる専門機関を探すと、画像等が見られる状況にありますので、ご注意をお願いします。

以下のサイトをご参照ください。

https://www.kiswec.com/publication_04/

 

 


文春オンライン・新規掲載記事のご案内

文春オンラインにて、センター長(長谷川博一)の記事が掲載されています。

今回のテーマは、ヤングケアラーです。

「大したことではないんですけど……」と、カウンセリングルームに足を運んだのは3度の自殺未遂を経験した女子大学生。彼女の生い立ちを聞いていくにつれて見えてきたのは、幼い頃から心理的ヤングケアラーの役割を担わざるを得ない、歪な家族関係だった。彼女はなぜカウンセリングを受けることを決めたのか。公認心理師である長谷川博一氏が、その理由を紐解きます。(全2回)

下記URLよりご覧いただけます。

第一回 https://bunshun.jp/articles/-/62259

第二回 https://bunshun.jp/articles/-/62260

記事の一覧は、下記URLよりご覧いただけます。

https://bunshun.jp/list/author/615275c377656146ae010000


GW心理カウンセラースキルアップトレーニングの変更

 

ゴールデンウィーク期間に予定していた2種のトレーニングのうち、後半の初級トレーニングは延期し、前半のWISCトレーニングのみを実施することとしました。

 

WISC(WAIS)実践トレーニング

  4月29日(土・祝)6時間、30日(日)6時間 計12時間

   (両日とも11時~18時:途中1時間の休憩)

  定員5名程度

  場所 こころぎふ臨床心理センター内 Cルーム

  目標 WISCとWAISの基本を理解した上で、WISC-Ⅳを実施、集計、解釈、簡単なレポート作成ができるようになること

  講師:センター長およびセンター員

 

費用は、実施要領(下にリンクあり)に従い、6時間22,000円です。

両日参加の場合、40,000円への割引となります。

※本トレーニングコースに始めて参加される方は、別途入会金11,000円が必要です。

 

ホームページをご参照ください。

各種研修・講座・講師派遣

 


文春オンライン・新規掲載記事のご案内

文春オンラインにて、センター長(長谷川博一)の記事が掲載されています。

今回のテーマは、大人の発達障害です。

下記URLよりご覧いただけます。

https://bunshun.jp/articles/-/61303

過去の投稿などに関しては、ブログにてご案内しています。下記URLよりご覧いただけます。

https://kokoro.gifu.jp/archives/2742